栄養を補うだけと忘れてはならない

テニスの4大大会とその特徴とは

テニスの4大大会とその特徴とは

テニスの大会の中でも最上位クラスに属する大会がグランドスラムと言われる4大大会です。その4大会とは、毎年1月にオーストラリアで開催される全豪オープンは4大会の中で南半球で行われる唯一の大会なので季節的な関係で北半球の選手にはコンディションの調整が難しい大会になっています。毎年5月にフランスで行われる全仏オープンは4大会の中で唯一クレーコートで行われるので機動力と持久力を兼ね備えた選手が有利になります。毎年6月頃にイギリスで開催される全英オープンは4大大会の中でも最も歴史が古く注目度も高いのでテニスをあまり知らない人でもウィンブルドンという会場名は知っている人が多い有名な大会です。歴史のある大会らしくウェアの色を白と決められている規律に厳しい大会でもあります。8月頃にアメリカで開催される全米オープンは4大会の中でも賞金総額や観客の動員数が最も大きな大会です。わからない場合はブックメーカーでお調べ下さい。
4大会それぞれに個性がある事でも知られており年間ですべての大会で優勝する事はとても難しい事で男女シングルではわずかの達成者しかいません。日程的にもいきなり南半球で体調管理の難しい状況の全豪からスタートして、クレーコートで番狂わせの多い全仏を終えて期間を空けずに全英になることでコートの違いに対応しなくてはなりません。そして最後の全米は真夏に行われるので気温対策も大変ですので、この4大会を1年で全て勝つには技術面だけでなく体力とコンディションの調整が上手く、さらには各コートの違いにも順応できるプロの中でも本当に限られた人数になる事が理解できます。

ホーム RSS購読 サイトマップ